【U-NEXTの評判まとめ】口コミから読み解くメリットとデメリット!

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスです。本記事では、Twitter上で発見したU-NEXTの「良い評判」と「悪い評判」をまとめています。

あわせて、サービス内容やメリットとデメリットなども把握できるようになっているので、U-NEXTの利用を検討中の方には、ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです。

なお、U-NEXTでは31日間の無料トライアルを実施中なので「ネット上の評判だけじゃ判断できない……」という場合は、実際に体験してみることもできます!

U-NEXTの公式サイトを見てみる

U-NEXTの良い評判まとめ

  1. ラインナップが充実
  2. 見放題作品が豊富
  3. 毎月もらえるポイントがお得
  4. 最新作の配信開始が早い
  5. ダウンロード機能でオフライン再生できる
  6. フルHD対応で超高画質
  7. 倍速再生が便利
  8. 対応デバイスが豊富
  9. ポイント還元率が高い
  10. 支払い方法の選択肢が広い
  11. ファミリーに優しい機能が充実
  12. その他♡のジャンルも充実
  13. 雑誌の読み放題が嬉しい
  14. 複数回使える無料トライアルがお得

まずは、U-NEXTにまつわる「良い評判」をご紹介します。

Twitterをリサーチした結果、14の「良い評判」を見つけることができました。

良い評判①ラインナップが充実

https://twitter.com/uni1007/status/1190450858879672320

https://twitter.com/gt_obbb/status/894503517901135872

U-NEXTの評判で特に多かったのが「目当ての作品が見つかった」「他社サービスにない作品まである」といったラインナップの充実度に関する高評価です。

それもそのはず「日本最大級の動画サービス」を自負している(公式サイトより)U-NEXTは、2020年5月現在で全11ジャンル、計17万本もの動画を配信しています。

ジャンルごとの配信作品数は次の通りです。

見放題作品数 レンタル作品数
洋画 4,750作品以上 990作品以上
邦画 3,310作品以上 290作品以上
海外ドラマ 710作品以上 260作品以上
アジアドラマ 940作品以上 140作品以上
国内ドラマ 880作品以上 410作品以上
アニメ 3,000作品以上 210作品以上
キッズ 910作品以上 20作品以上
ドキュメンタリー 720作品以上 300作品以上
音楽・アイドル 310作品以上 10作品以上
バラエティ 2,270作品以上 110作品以上
その他♡(アダルト) 18,000作品以上 3,000作品以上

上表のとおり、数字だけでも圧巻のラインナップであることが分かります。

中でも、次のジャンルついては特に力を入れているようです。

映画
トーキー(有声映画)登場以前の古典映画や不朽の名作、劇場公開から間もない最新映画、誰もが知るエンタメ系超大作までを網羅!映画ファン必見です。


海外ドラマ
メガヒットドラマ『24 TWENTY FOUR』『ウォーキング・デッド』『プリズン・ブレイク』のFOXチャンネルほか、旧シーズンから最新シーズンまでをラインナップ!


アジアドラマ
「韓流ドラマNo.1!」を目標に掲げているU-NEXTでは「韓流ブーム」を牽引した定番作のみならず最新作までをカバー。独占配信作品も多く抱えています。


国内ドラマ
動画配信サービスは数あれど、すべての民放キー局(日本テレビ・テレビ朝日・TBS・テレビ東京・フジテレビ)のドラマを取り扱っているのはU-NEXTだけ!とのこと。


アニメ
とにかくアニメに強いU-NEXTでは、全話見放題のテレビアニメがザラにあります。しかも、テレビ放送中の作品が放送直後に見放題で更新されることも珍しくありません。


その他(アダルト)
2019年に全面リニューアルを遂げたU-NEXTの「その他♡」ジャンルは、18,000作品超えと他ジャンルとは文字通り「桁違い」のラインナップを誇っています。

良い評判②見放題作品が豊富

U-NEXTでは、見放題作品に加えて個別課金によるレンタル作品も配信していますが、見放題作品だけで勝負しても他社サービスに勝るラインナップを誇っています。

2019年に実施された主要動画配信サービスに関する調査(GEM Partners株式会社調べ)では、見事15ヶ月連続「見放題作品数No.1」を獲得しました。

この記録は、洋画、邦画、海外ドラマ、アジアドラマ、国内ドラマ、アニメの主要6ジャンルの総数によるものですが、ジャンル別に見ても……

洋画、邦画、アジアドラマ、アニメの4ジャンルでNo.1を獲得しています。

U-NEXTのニュースリリースで「残り2ジャンル(海外ドラマと国内ドラマ)でもNo.1を目指す」との発表があったので、今後さらなる見放題作品の強化が期待できます!

良い評判③毎月もらえるポイントがお得

月額料金が1,990円(税抜)と他社サービスに比べて高めのU-NEXTですが、毎月もらえる1,200ポイントを有効活用している方からは特に高評価を受けているようです。

動画配信サービスの「ポイント」といえば、個別課金が必要な作品のレンタルや購入に充てるのが一般的な使い方ですが、U-NEXTには他の使いみちも用意されています。

新作・ビッグタイトルが豊富なポイント作品のレンタル
「ポイント作品の視聴に充てる」のが、最も基本的な使い方です。1,200ポイントは、最新映画なら2本、それ以外のポイント作品なら3本分に相当します。


電子コミック・電子書籍の購入
動画配信と電子書籍のハイブリッドサービスであるU-NEXTならではの使い方が「電子書籍の購入代金への充当」です。1,200ポイントで約2冊の電子書籍を購入できます。


映画チケットの割引
映画ファンに最も喜ばれているのが、ポイントを映画館での割引に充てる「映画チケット割引」です。イオンシネマやユナイテッド・シネマなど、大手シネコンで利用できます。

良い評判④最新作の配信開始が早い

Twitter上では「U-NEXTって、新作の配信がなんとなく早い気がする……」といったレベルの心許ない評判が多く見られましたが、これは勘違いではなく事実です。

作品によって差はありますが、U-NEXTは新作の配信開始が早い傾向にあります。DVDやブルーレイのリリースと同時に配信開始されることも珍しくありません。

全作品見放題(=旧作メイン)のNetflixやHuluよりも早いのは当然ですが、U-NEXTと同じく個別課金がある他社サービスよりも早いです。

理由は不明ですが、U-NEXTは月額料金が他社サービスに比べて高めなので、単純に作品の提供元に多めのお金を払って優遇してもらってるのかな……?とも思います。

良い評判⑤ダウンロード機能でオフライン再生できる

https://twitter.com/ktmkwhr/status/1144289995231879168

Twitter上でも「便利だわ……」と評判だったのが「ダウンロード機能」です。

インターネット上の動画を手元のデバイスに転送して保存できるダウンロード機能は「オフライン再生」という重大なメリットをもたらします。

自宅やノマドカフェなどのWi-Fi環境下で動画をダウンロードしておけば、通信環境や通信量を気にすることなく、いつでもどこでも快適に動画を楽しむことができます。

また「動画の読み込みが遅く、途中で止まってしまう」といったストリーミング再生にありがちなストレスを回避する意味でもオフライン再生はおすすめです。

なお、U-NEXTのダウンロード機能には4つの注意点があります。

アプリ版(スマートホン・タブレット)のみの対応であること
ダウンロード機能を利用するには、最新のU-NEXTアプリをインストールする必要があります。OSのバージョンが低いとアプリを利用できない場合があるのでご注意ください。


最大48時間の視聴期限があること
ダウンロードしたコンテンツの視聴期限については、オンライン環境(Wi-Fi推奨)で更新すれば、すぐに再視聴が可能になるので特に問題はないかと思います。


一部ダウンロード非対応の動画があること
こちらは権利の関係なので、U-NEXTに限ったことではありません。むしろ、U-NEXTは他社サービスよりもダウンロード対応作品が多いことでも知られています。


保存先デバイスにストレージの空き容量が必要なこと
頻繁に発生しがちで注意が必要なのが「空き容量不足」です。例えば2時間の映画1本を保存するには、画質にもよりますが1GB~2GBの空き容量が必要になります。

良い評判⑥フルHD対応で超高画質

Twitter上の評判を見ると「U-NEXT=高画質」との認識が広く浸透していることが判明しました。高画質目当てにU-NEXTを契約する人もいるほど!

U-NEXTの画質は次の3段階に、通信環境に応じて最適な画質が自動で選択される「自動」を加えた4パターンから選択して切り替えることができます。

  • 高画質:大画面での再生に適したハイクオリティな画質
  • 低画質:データ通信容量を抑えたい場合に最適な画質
  • 最低画質:データ通信容量を最小限に抑えたい場合に最適な画質

高画質・低画質・最低画質という名称はU-NEXT独自のものですが、これは、下表のように一般的な映像規格に対応しているものと考えられています。

対応する規格 画質の目安
高画質 フルHD ブルーレイ相当
低画質 HD 地デジ相当
最低画質 SD DVD相当

U-NEXT以外でフルHDに対応しているサービスは、Netflix、Hulu、Amazonプライム・ビデオの3サービスのみなので、高画質を求めている方は参考にしてみてください。

ちなみに、U-NEXTは「次世代の映像規格」とも称される4Kにも対応しています。

ただし、4K対応作品のラインナップは40本程度と少ないうえ、4Kで楽しむためには4K対応のテレビが必要なので、メリットとして検討材料に入れる必要ななさそうです。

良い評判⑦倍速再生が便利

Twitter上で「地味にありがたい」「地味に便利」と評判なのが「倍速再生機能」です。

動画の再生速度をスローや倍速に変更できるものですね。U-NEXTの再生速度は「0.8倍速」「1.0倍速」「1.4倍速」「1.8倍速」の4段階で調整することができます。

ちなみに、倍速再生は次のようなニーズを満たしているようです。

  • 忙しい中でもサクッと動画を楽しみたい
  • ドラマやアニメの過去エピソードをざっと振り返りたい
  • 洋画や海外ドラマをスロー再生して、語学学習に役立てたい
  • スポーツの名シーンをスローで堪能したい
  • レシピ動画をスロー再生したい
  • 成人向け動画のあれこれを省きたい
  • 聞き取れなかったセリフをスロー再生で確かめたい
  • 動画の文字起こしにスロー再生を役立てたい

なお、倍速再生は意外にレアな機能らしく、対応しているサービスはU-NEXT、dTV、dアニメストア、TSUTAYA TV、Paraviの5つしか見つけることができませんでした。

良い評判⑧対応デバイスが豊富

U-NEXTは「お手持ちのデバイスがU-NEXTに!」として「対応デバイスの豊富さ」を謳っていますが、中でも「PS4」に対応していることで評判を上げていました。

ゲームの合間にテレビの大画面で映画やアニメを視聴できるとは……天国ですね。

U-NEXTの対応デバイスは、下表の通りです。

対応機種
パソコン Windows / Mac
スマホ・タブレット iOS / Android
ゲーム機 PlayStation(R)4 / PlayStation(R)4 Pro
テレビ U-NEXT TV【MediaQ M380】 / U-NEXT TV【MediaQ M220】 / ソニー [ブラビア] / TOSHIBA [REGZA] / シャープ[アクオス/アイシーシーピュリオス] / Panasonic [VIERA] / LG Electronics [LG Smart TV] / HITACHI [WOOO] / 船井電機 [FUNAI] / ハイセンスジャパン[Hisense] / PIXELA 4K Smart TV / TCL / Chromecast / Chromecast Ultra / Nexus Player / Amazon Fire TV / Fire TV Stick / [NTT西日本]光BOX+ / ソニー [ブルーレイディスクプレイヤー] / ソニー [ホームシアターシステム] / ソニー [コンポーネントオーディオ] / シャープ [AN-NP40] / MOVERIO BT-300 / PIXELA Smart Box / PIXELA 4K Smart Tuner / Apple TV(第4世代〜) / popIn Aladdin / Google Home / Google Nest Hub

良い評判⑨ポイント還元率が高い

Twitter上で「凄い」と評判になっていたのが、U-NEXTの「ポイントバックプログラム」です。支払い金額の最大40%がポイントで還元されるものなのですが……

ポイントバックの対象になる決済は、ポイント以外の支払い方法による動画作品のレンタル、動画作品の購入、電子書籍の購入、及びポイントチャージです。

……及びポイントチャージです!!

大事なことなので2回言ってみました。U-NEXTのポイントは、言わばU-NEXT内で使える専用通貨のようなもの。1ポイント=1円の価値があります。

つまり、ポイントチャージをすると「日本円をU-NEXT国の通貨に両替したら、なんかめっちゃ増えた!」という夢のような現象が発生するんですね。

これはお得以外の何ものでもありません。

なお、下表の通り、還元率は追加課金額の支払い方法によって変動します。

還元率
クレジットカード決済 40%
Amazon決済 40%
ドコモ払い 20%
ソフトバンクまとめて支払い 20%
ワイモバイルまとめて支払い 20%
auかんたん決済 20%
Uコイン決済 20%

良い評判⑩支払い方法の選択肢が広い

https://twitter.com/kazu555108/status/905765674655432705

Twitter上で散見されたのが「U-NEXTはクレジットカードがいらないから助かる」との評判です。U-NEXTの支払い方法をチェックしてみましょう。

クレジットカード
利用可能なクレジットカードは、Visa、Master Card、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブカードの5種類です。


キャリア決済
主要3キャリアの「ドコモ払い」「auかんたん決済」「ソフトバンクまとめて支払い」に加え「ワイモバイルまとめて支払い」が利用できます。


Amazon.co.jp
Amazon Fire TV、Fire TV Stickを利用の場合に限り、Amazon.co.jpでの支払いが可能です。支払い方法は、Amazon社の規定に準じます。


AppleID
iOSデバイス上のアプリから利用の場合はAppleIDでの支払いが可能です。Apple IDの支払い方法には、Apple Pay、クレジットカード、デビットカードなどがあります。


ギフトコード/U-NEXTカード
コンビニや家電量販店、オンラインストアなどで購入可能な「U-NEXTギフトコード」「U-NEXTカード」を使ったプリペイドタイプの支払い方法です。

支払い方法がクレジットカードと限られたキャリア決済のみに限定されているサービスも多いので、U-NEXTの支払い方法は比較的豊富であると言えるでしょう。

良い評判⑪ファミリーに優しい機能が充実

https://twitter.com/5Piwf0mNTlfCO2Q/status/1173583704754515968

ファミリー層から「これは嬉しい!」と評判になっていたのが、1契約につきアカウントを無料で3つまで追加できる「ファミリーアカウント」機能です。

契約者の「親アカウント」と、追加分の「子アカウント」を合わせて最大4アカウントを利用できるので、1人あたり実質月額500円!との考え方もできますね。

ちなみに、実際の家族でなくても彼氏彼女、友達同士での利用も可能です。

1人1つのアカウントを使えるファミリーアカウントには、1つのアカウントを家族で共有した場合と比べて、次のようなメリットがあります。

  • 同時間帯であっても、アカウントごとに別端末で別の動画を楽しめる
  • 閲覧履歴が共有されないので、プライバシーが守られる

なお、子アカウントでは設定の有無に関わらず、R指定の作品や成人向けコンテンツが表示されない(できない)仕様になっています。

ファミリーアカウントの使いみちによってはデメリットにもなってしまいますが「子どもに独立したアカウントを与えるのはちょっと心配」という親御さんには最適です。

また、子アカウントの購入に関する権限は「登録の支払い方法での購入を許可」「ポイント利用のみ許可」「購入を許可しない」の3段階から選択することができます。

あらかじめ購入制限を設けておけば、トラブルの心配もありません。

良い評判⑫その他♡のジャンルも充実

あまり大きな声では言えませんが、U-NEXTに関する評判でかなり目立っていたのが「アダルトコンテンツが充実しすぎ!」というものでした。

事実、U-NEXTの「その他♡」ジャンルは映画やアニメといったメインジャンルを抑え、全11ジャンル中最多となる21,000作品以上のラインナップを誇っています。

これは動画配信サービスとしてはなかなか珍しい現象です。しかも「アダルトコンテンツは視聴履歴に残らない」という、何かと安心な仕様になっています。

その他♡ジャンルに興味がない場合は、ペアレンタルロックを設定すれば「見たくもないのに目に入ってしまった……」なんて事態が起こることもないのでご安心ください。

良い評判⑬雑誌の読み放題が嬉しい

U-NEXTでは動画だけでなく、雑誌、マンガ、ラノベ、書籍の4ジャンル、合計42万冊以上の電子書籍が配信されているのはご存知でしょうか。

しかも、42万冊のラインナップの中には、70誌以上の読み放題雑誌(もちろん最新号!)と約3,000冊の無料本(人気タイトル多数!)が含まれています。

これが「嬉しい誤算だった!」との評判を見つけることができました。

読み放題雑誌のジャンルは、ファッション、ライフスタイル、ニュース・週刊誌、ビジネス・IT、グルメ・トラベル、エンタメ・趣味、スポーツ・車……

と幅広いので、日頃購読している雑誌が含まれている可能性も大!毎月3冊以上の雑誌を読む方なら、この雑誌読み放題だけで月額の元が取れてしまいます。

さらに、電子書籍購入時には最大40%のポイント還元があることも忘れてはいけません。U-NEXTの電子書籍サービスは、毎月本を買う読書家の方にもおすすめです。

良い評判⑭複数回使える無料トライアルがお得

U-NEXTでは、31日間の無料トライアルを実施中です。付与ポイントが半分の600ポイントになる点をのぞき、有料時と全く同じサービスを無料で体験できます。

これについてTwitter上では「(トライアル期間中に解約すれば)ただただ無料で映画三昧を満喫できる!」との評判を多数確認することができました。

しかも「無料トライアル」と言えば利用できるのは一度きりであるのが通例ですが、U-NEXT場合は、なんと複数回利用することができるんです!

2回目以降も31日間無料で利用する方法には、公式の「リトライキャンペーン」を利用する方法と「支払い方法を変えて新規登録する」裏技的な方法の2通りあります。

【正規】リトライキャンペーンを利用する方法
知る人ぞ知る画期的システム「リトライキャンペーン」は、U-NEXTを解約後、定期的に送られてくる招待メールからのみ参加可能な「2度目の無料トライアル」です。

U-NEXTの利用をやめる際には、アカウントを残したままにする「解約」と、アカウント情報を完全に削除する「退会」の2つの選択肢があります。

退会してしまうとメールアドレスの情報も削除され、U-NEXTからメールが送られてくることもなくなるので、リトライキャンペーンを狙っている場合には注意が必要です。


【裏技】支払い方法を変えて新規に申し込む方法
U-NEXTでは「支払い方法」でユーザーを識別しているらしく、支払い方法を変えて新たに登録すると別のユーザーとして認識してくれるようです。

U-NEXTには豊富な支払い方法が用意されていますが、無料トライアル利用時に登録可能な支払い方法は「クレジットカード」と「キャリア決済」のみとなっています。

つまり、支払い方法を変える具体的な方法は次の3パターンです。

  • クレジットカード⇔キャリア決済
  • 別のクレジットカード⇔別のクレジットカード
  • 別契約のキャリア⇔別契約のキャリア

複数のキャリアを契約している方は少ないかも知れませんが、複数のクレジットカードを所有していれば、その枚数分だけ無料トライアルを利用することができます。

※無料トライアルを申し込む際には、事前に支払い方法を登録する必要がありますが、トライアル期間中に解約すれば料金が発生することはないのでご安心ください。

U-NEXTの公式サイトを見てみる

U-NEXTの悪い評判まとめ

  1. 解約方法がわかりにくい
  2. 月額料金が高い
  3. 「見放題」と「ポイント」が分かりにくい
  4. オリジナルコンテンツが少ない
  5. 接続エラーが頻発する
  6. カスタマーセンターに繋がらない

続いて、U-NEXTにまつわる「悪い評判」をご紹介します。

Twitterをリサーチした結果、6の「悪い評判」が見つかりました。

悪い評判①解約方法がわかりにくい

U-NEXTのネガティブな評判で多かったのが、解約・退会に関するものです。

手続きが分かりにくい、面倒くさいというものですね。中には「意図的に解約しにくい仕様にしているのではないか」との声までありましたが……

実際に手続きしてみたところ、全くそんな事はありませんでした。

U-NEXTの公式サイト内にあるヘルプセンターでも、画像つきで解約の手順が解説されていて非常に分かりやすかったので、皆さんも参考にしてみてください。

参考:U-NEXT公式サイト【解約方法がわからない】

上記で引用させていただいたツイートは1年以上前のものなので、もしかするとユーザーの意見を受けて改善されたのかもしれません。

悪い評判②月額料金が高い

「月額料金が高い!」というストレートな評判も目立っていました。U-NEXTの月額料金は1,990円(税抜)です。他社サービスと比較してみましょう。

月額(税抜)
U-NEXT 1,990円
TSUTAYA TV 933円
music.jp 1,780円
FODプレミアム 888円
ビデオマーケット 980円
TELASA 562円
dTV 500円
Amazonプライム・ビデオ 455円
Netflix 800円
Hulu 933円

確かに「U-NEXTは他社サービスより高い」との評判は正しいようです。

ただし、これはサービスの質に対して割高という意味ではなく、U-NEXTは「ハイクオリティなサービスを適正価格で提供している」といった印象です。

むしろ、次のようなお得な仕組みを理解すれば、割安感さえあります。

月額のうち1,200円はポイントのオートチャージ分である
U-NEXTでは毎月1,200ポイントがオートチャージされます。つまり、月額1,990円のうち1,200円分はポイントに変換されてそのまま手元に戻ってくるわけです。


ポイント還元率が最大40%にも及ぶ
U-NEXTでは、ポイント以外の支払い方法による動画のレンタル、動画の購入、電子書籍の購入、及びポイントチャージについて、最大40%ものポイント還元が受けられます。


見放題作品数が群を抜いて多い
14万本以上の見放題作品を擁するU-NEXTは、見放題専門のNetflixやHuluを抑え、主要動画配信サービスにおける「見放題作品数No.1」の記録を保持しています。


70誌以上の雑誌が読み放題である
電子書籍サービスも提供しているU-NEXTでは、70誌以上の雑誌の最新号が読み放題で配信されています。これだけで月額の元が取れる方も多いのではないでしょうか。


1契約につき最大4アカウント利用できる
1契約につき最大4アカウントを追加料金なしで利用できる「ファミリーアカウント」機能を活用すれば、1アカウントあたり実質月額500円程度で利用することもできます。

これらの仕組みをフル活用できれば「U-NEXTは割安」なサービスですが……

  • 新作・ビッグタイトル(=ポイント作品)を視聴しない人
  • 電子コミック・電子書籍を購入しない人
  • 映画チケットの割引を利用しない(映画館に行かない)人

など、毎月(勝手に)オートチャージされる1,200ポイントを必要としていない方にとっては「U-NEXTの月額料金は高い」と言えるのかもしれません。

U-NEXTが高いと感じる方におすすめのサービスをご紹介しておきます。いずれもポイントのオートチャージがなく「月額=見放題分の料金」に設定されているサービスです。

月額(税抜) 見放題作品数
dTV 500円 120,000本以上
Amazonプライム・ビデオ 455円 約15,000本
Netflix 800円 推定5,000本以上
Hulu 933円 60,000本以上

安さだけで見れば、dTVとAmazonプライム・ビデオがダントツですね!

悪い評判③「見放題」と「ポイント」が分かりにくい

U-NEXTでは、月額料金のみで好きなだけ視聴可能な「見放題作品」と、追加で個別課金が必要な「ポイント作品(レンタル作品)」の両方を配信しています。

ポイント作品に設定されているのは、ビッグタイトルや劇場公開から間もない最新映画、(恐らく)権利の関係で見放題にできないディズニー作品などがメインです。

これについて、次のようなネガティブな評判が立っていました。

「全作品見放題だと思っていたのに違った」

全作品見放題というのは、月額以外に課金要素が一切ないという意味です。

こちらの評判については、そんなことは公式サイトのどこにも書いていないのでスルーしたいところですが、1つだけ誤解のないようにお伝えしておきたいことがあります。

それは、全作品見放題のサービスだからといって、そのラインナップにU-NEXTのポイント作品が含まれているとは限らないということです。

つまり、新作やビッグタイトルがメインのU-NEXTのポイント作品は、全作品見放題のサービスではそもそも配信されていない可能性が高いということになります。

それでも「全作品見放題がいい!」という方には、NetflixやHuluがおすすめです。

月額 見放題作品数
U-NEXT 1,990円(税抜) 140,000本以上
Netflix 800円(税抜)~ 推定5,000本以上
Hulu 933円(税抜) 60,000本以上

ただし、U-NEXTの見放題作品数はNetflixとHuluの全配信作品の数よりも多いので、月額や配信ラインナップなどのバランスをチェックしてから検討した方が良いでしょう。

「ポイント作品が多い」

「ポイント作品が多い」「見たい作品がポイント作品である率が高い」という評判もありましたが、U-NEXTでは見放題作品とポイント作品の配信数を公表しています。

2020年1月時点では見放題作品が14万本、ポイント作品が3万本なので、U-NEXTにおいて「見放題作品が少なく、ポイント作品が多い」というような事実はありません。

ただし、U-NEXTに限らず動画配信サービスは基本的に「見放題作品=旧作メイン」「ポイント作品=新作・ビッグタイトルメイン」という設定になっています。

当然のことながら、新作やビッグタイトルを視聴したいユーザーは多いため「見たい作品がポイント作品ばかり」という意見が多くなるのは仕方がないことかも知れません。

なお、新作やビッグタイトルをお得に楽しみたい方には、music.jpがおすすめです。

music.jpには見放題がなく、月額も1,780円(税抜)と特に安いわけではありませんが、月額相当以上の4,958ポイントが毎月もらえる非常にレアなサービスです。

ちなみに、music.jpでは新作映画3本分の1,600ポイントがもらえる、超太っ腹な無料トライアルを実施中です。今すぐ見たい新作映画がある方は是非お試しください!

「見放題作品とポイント作品がわかりにくい」

各作品が見放題作品とポイント作品のどちらに該当するかは下図のように明示されているので、分かりにくいということはないと思いますが……いかがでしょうか。

■検索結果での表示

■作品ページでの表示

悪い評判④オリジナルコンテンツが少ない

https://twitter.com/ryuta19761219/status/1172419228579688448

U-NEXTについてよく聞かれる評判の1つが「オリジナルコンテンツが少ない!」というものですが……残念ながら、これは歴然たる事実です。

U-NEXTの利用に際しては「U-NEXTはオリジナルコンテンツを視聴するためのサービスではない」と割り切るしかありません。

オリジナルコンテンツが目当ての場合は他社サービスの利用を検討してみましょう。オリジナルコンテンツが充実している動画配信サービスをご紹介しておきます。

Netflix
目的をオリジナルコンテンツに絞るなら、おすすめはNetflix一択と言えるでしょう。キャストもスタッフも製作費も全てがハリウッドレベルに到達しています。


Hulu 
まだまだ数は少ないですが、Huluのオリジナルドラマも躍進中です。日テレの地上波で放送された人気ドラマの番外編や、海外とのビッグコラボで特に注目を集めています。


FODプレミアム
国産のオリジナルドラマを見るなら、フジテレビが提供するFODプレミアムがおすすめです。『ラブホの上野さん』など人気コミックの映像化作品も楽しめます。


Amazonプライム・ビデオ
Amazonプライム・ビデオのオリジナルコンテンツは『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』『バチェラー・ジャパン』などバラエティ番組が豊作です。

悪い評判⑤接続エラーが頻発する

リサーチしていて気になったのが「接続エラー」に関するツイートです。「再生中に途切れる」「止まってしまう」というような評判がありました。

せっかく作品の世界に没入していたのに、エラーのせいで急に現実に引き戻されたら最悪な気分になってしまいますよね。「ストレスが溜まる!」とのツイートにも頷けます。

ただし、こういった事象の原因が全てU-NEXT側にあるわけではなく、ユーザー側の通信環境や再生機器に問題がある場合も珍しくありません。

U-NEXT側の問題として考えられるのは、次の3パターンです。

  • U-NEXTのサーバーが混雑している
  • U-NEXTのメンテナンス中である
  • その他の予期せぬトラブル

サーバーが混雑(アクセスが集中)している場合やメンテナンス中の場合には、その旨を明示したエラーメッセージが表示されるので分かりやすいです。

時間をおいて再度アクセスしてみましょう。

エラーメッセージが表示されず、再生がスムーズに行われなくなった場合に疑うべきは、ご自身の通信環境や再生機器の状態です。

チェック項目としては、次のようなものが挙げられます。

  • 通信環境は安定しているか
  • 同じ回線で大容量のデータ通信をしていないか
  • 利用端末は最新のアップデートに対応しているか

ます最初に、無線LANやWi-Fiルーターを再起動してみましょう。

契約しているプロバイダへ問い合わせてみることや、Wi-Fiを利用している場合は速度制限がかかっていないかを確認することも重要です。

悪い評判⑥カスタマーセンターに繋がらない

https://twitter.com/chiyoko148/status/508483707859005440

U-NEXTのカスタマーセンターに対する怒りのツイートも見かけられました。特に目立っていたのが「電話がなかなか繋がらない」という評判です。

U-NEXTに限らず、カスタマーセンターの電話混雑というのはありがちな問題ですが「助けてくれるって言うから電話したのに!」と思わず苛立ってしまいますよね。

そんな時、考えられる対処方法は次の3つです。

自己解決する
マナーとしても、問題を早期解決するためにも、問い合わせる前に公式サイトの「よくある質問」や「使い方ガイド」を参考にして自己解決できないか確認しておきましょう。

参考:U-NEXT公式サイト【よくある質問】
参考:U-NEXT公式サイト【使い方ガイド】


メールで問い合わせる 
U-NEXTへの問い合わせは、基本的に電話ではなく問い合わせフォームからメールで行うのがおすすめです。概ね、当日~翌日中には回答を得られます。

参考:U-NEXT公式サイト【お問い合わせ】


繋がりやすい時間帯にかけ直す
どうしても電話で問い合わせたい場合は、混雑が予想される時間帯(営業開始直後、一般企業の昼休み、夕方以降など)を避けるなどの工夫が必要かもしれません。

カスタマーセンターの電話番号をご紹介しておきますが、こちらは公式サイトには一切記載がありません。メールでの問い合わせが基本であることを覚えておきましょう。

電話番号 営業時間(年中無休)
固定電話・携帯電話 0120-285-600 11:00~19:00
IP電話 0570-064-996 10:00~20:00
上記対象外
※音声ガイダンス
03-6741-4453
03-6741-4454

まとめ

以上、U-NEXTの「良い評判」と「悪い評判」をご紹介しました。

「月額料金が高い」とのネガティブな評判もありましたが、U-NEXTはハイクオリティなサービスを適正価格で提供することで、概ね好意的な評判を得ているようです。

良い評判を読んでU-NEXTに興味を持った方も、悪い評判を読んで尻込みしている方も、まずは31日間無料でU-NEXTのサービスを体験してみてはいかがでしょうか。

U-NEXTの公式サイトを見てみる